賃貸物件の原状回復について

賃貸物件は、不動産を借りているわけですので賃貸契約を解除して物件を引き渡す際には、原状を回復して返ることが原則で、この現状回復はどの程度必要が裁判でも争ってきました。かつて住む前のそのまま、つまりは新しい状況で返すので、その費用も返す側にとって大きな負担でしたがいまでは通常に使用している分についてそのままの状況で引き渡してもよいとの判決がでました。つまり賃貸物件はそのままでの使用で劣化していくことは当然で、オーナーである貸し手は、借り手より賃料でメリットを受けている以上に通常使用での不動産の劣化は受忍するべきもので、重大な過失や故意によって破損したなどの特別な事情がない場合には、住んでいるものはみずからの備品を撤去してそのままの状況での引き渡しも契約違反にならないとのことです。これにより、オーナーサイドは負担が増えるわけですが、そのために保証金を最初に多額にして押さえておく場合もでてきました。 しかしながらこの判決は賃借人にとっては、ありがたいことで場合によっては百万での修繕費用を請求してくることもあったので、この支払はしなくてよいことになりましたが、但し判例どおり本当に壊したものは修理が必要ですべてではありません。

3006

住みやすい住宅をみつけるために

住みやすい住宅を見つけるためには、不動産会社を選ぶことも重要な要素の一つです。住宅を探そうと思った場合、不動産会社へ依頼するというのが古くからある一般的な手段です。しかしながら、遠方への引っ越しを考えている場合、何度もその土地へ足を運ぶことは困難です。そのため、直接不動産会社へ依頼するとコミュニケーション不足などから思うような住宅が見つからないというケースも少なくありません。さらに、何度も足を運べないという理由から、納得もしていないのに妥協して決めなければいけないという事態にもなりかねないのです。そこで有効な手段と言えるのが、インターネットを使った不動産会社選びと住宅探しです。インターネット上には様々な物件が豊富に掲載されています。しかも、いくつかの不動産会社が連携して運営しているサイトも存在しますから、それぞれの会社が持っている物件を比較検討する場合には大変有効です。

私はこれまでに何回か引越しを経験しています。隣町への引越しもありますし、仕事をしながら県外の不動産を探したこともあります。引越しは正直しんどい・・の一言に尽きます。できれば引越しをしたくないのですが、まあその時々の様々な事情で否応なしに引越しとなってしまったのですが。それでも住めば都とはよく言ったもので、数ヶ月は若干なりとも苦労はしますが、今までの空間とは違ったところでの生活はとても新鮮で楽しいものでした。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件の原状回復について.