賃貸物件で自分で取り付けた物の所有権は

賃貸物件では、自分で建物に家主の承諾のもとで工作物をとりつけることができます。クーラーやガレージの備品などですが、これらのものは、賃貸契約が終了した場合には原状回復のために収去しなければなりません。がしかしその取り付けものも不動産の定着してしまい取り外しに相当な費用が掛かる場合があります。この場合には取り外しをしなくてもいいですが、その所有権は不動産の持ち主である家主に移りますが、その所有権の移転したものの対価は支払う必要はなく不動産に付加したものになります。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件の原状回復について.